本文へ移動

SDGsの17の目標

SDGsの取り組み

株式会社三昌製作所は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGs宣言書

京都銀行殿にご協力頂き、SDGs宣言書を作成しました。当社は今後も持続可能な経営に力を入れて参ります。特に、世界の最重要課題の一つである地球温暖化の抑制のために、当社の事業活動で発生する温室効果ガス排出量の削減に努めます。

きょうとSDGsネットワーク認定書

京都市から「きょうとSDGsネットワーク」の認定書を頂きました。今後もSDGsに積極的に取り組み、社会と地域に貢献できる経営に努めます。

京都ゼロカーボン・フレームワークの利用

当社の取り組み具体例

再生可能エネルギー発電設備・エコカー向けの製品提供

 当社は金属の中でも熱・電気を伝えやすい銅材の加工を得意としています。そのため、当社で製造したベース板および電極・端子は、風力発電を始めとした再生可能エネルギー発電設備や電気自動車等のエコカー向けのパワー半導体等に使用されています。
 当社製品の提供により日本のみならず全世界における再生可能エネルギー発電設備やエコカーの普及率が高まり、地球環境が改善されるよう取り組みます。

障がいを持つ方の雇用

 当社社員において、身体等に障がいを持つ方は全体の7%を占めています。当社では障がいを持つ方の雇用実績から、京都府より「京都はあとふる企業」の認定を頂きました。
 前述の通り、当社製品は今後の地球環境改善に欠かせない物であり、障がいを持つ方にも地球環境改善に携わり、大事な一員としての誇りを持って頂きます。
 左の写真は、京都府立聾学校の生徒さんが、当社の工場見学にいらっしゃったときの様子です。

プレス後に残った銅材の回収

 当社では、限りある資源である銅を始めとする金属材料について、プレス加工で残った部分などをリサイクルしています。また、リサイクル材は金属用カッター(左写真)により細かくして、運搬・輸送の効率を上げています。

購入電力の再生可能エネルギー化

 2023年10月より、当社で使用する電力の約90%を、関西電力が提供する「再エネECOプラン(※)」に切り替えました。CO2排出量ゼロの電力を活用することで、今後も更に環境に優しい事業活動に努めます。

※再生可能エネルギー指定の非化石証書を付加し、実質的に再エネ価値を有したCO2排出量ゼロの電気を購入するプランです
TOPへ戻る